わきが 対策 グッズ

わきがや脇汗の体験談を紹介

私は長年わきがです。初めて気がついたのは、思春期のときです。

 

中1のはじめころ、突然顔のおでこに「ニキビ」が多く出始めました。
それと時を同じくしたころでしょうか、自分のわきがに気が付いたのです。
当時中学校では終日、体操服でした。それ体操服に汗が湧きでてしまったのです。

 

当時、男子に「わきが!」って言われてきがつきました。
まだ「わきが」の意味も知らなかった私はその意味を知ってショックを受けました。
でも、恥ずかしくて親にも言えず…、当時は発汗防止のデオドラントさえあるのを
知らず、朝登校前にシャワーを浴び、タオルを持参し、休み時間にトイレで脇汗を
ふき取るぐらいしかできませんでした。

 

高校になると、環境は一変し、終日制服ですごし、デオドラントの存在もしりました
ので、春先から汗パッドを脇につけ、携帯用デオドラントを常に持参している生活で
日々の生活習慣であまり意識せずにすごせました。

 

それ以降もデオドラント等、少し脇汗の強い人用にしたり、薬用のをためしたりしたので
気を付けることで乗り切れてる気がします。

 

ただ最近、更年期になってきて、全身発汗が止まらず…体調も悪かったりして、
体全体の汗のにおいが非常に気になるようになりました。
体調が悪い日や脂肪分のおおい食事をとった時には、全身の汗が臭かったりします。
着てる服の素材によっても違うきがします。
汗を吸収しずらい素材のものを着用するとにおいます。
逆に綿素材のものは、汗を衣服に吸収して気持ち悪い感じはしますが、
においはそれほどでもありません。
上記は体全体の汗ににおいですが、服の脇をにおうと、同じように(又はそれ以上に)
臭いので、最近は 全身の汗臭=脇汗と考え、対策もほぼ同じです。

 

繰り返しになりますが…最近の脇汗対策は

 

・着ている服の素材を考慮する

 

 (汗を吸収しない素材の服は臭くなりがちだから、そのような生地を着用する
際は下に吸収性のいい綿下着を着用、あつくても脇汗対策のため脇まである下着、
つまりタンクトップ型ではないものを着用する)

 

・暑い時期には、過度に脂っぽい食品やバター、肉などの動物性たんぱくはなるべく
 控える。卵も過度には摂取しない。

 

・制汗デオドラント、薬用クリームは常につける
 (寒くなった時期も油断しない)

 

・つねに、清潔なタオルを持参、こまめに汗を拭きとる
(脇もトイレなどでふく)

 

・臭いが定着しないようにするため、服をこまめに洗う。タオルや家着、ばじゃま、寝具など
 も頻繁に洗濯。洗濯の際は衣類用漂白剤を入れ除菌。柔軟剤は
 少な目にする(柔軟剤の香りと汗が混じって、嫌な臭いになるのを
 防ぐため)

 

こんな感じです。

 

わきがって本当に嫌ですよね。
わきがの人って自分では気ずかないんだよ。って聞いた事ありませんか?ふつに自分でも気ずいてます。今日は臭いなぁとか自分で匂う事ありますもん。でも産まれたときから?匂うんで自分ではどうしようもないんです。

 

そんな事が嫌だから私はつねに脇にシューってするやつ持ち歩いています。学生の時は体育が終わった後は必ずしてました。授業の休憩時間にも毎回トイレに隠れてシューってしてたの覚えてます。周りの目が気になっちゃって本当に嫌だし大変なんですよね。

 

それから大人になって気ずかれるのが嫌だから拭くタイプのやつをつねに持ち歩いています。夏の時の外回りって地獄なんですよね。わきがじゃない方でも汗臭い時あるのに。自分はその人以上にって…シューてするタイプ気だったり拭くタイプだったり周りの女性よりは気つかってると思うんですが…

 

今では永久脱毛に通ってます。はじめは定員さんに見せるのも嫌だったし匂ってないかなと心配する事もあったけど開き直ってます。永久脱毛でわきがが無くなるとか匂わなくなるとかまだわかりませんが,少しでも匂いがおさまればいいなと思って通っています。

 

もしそれが駄目だったらまた違う方法をさがしてみようと思います。わきがの人は自分だけじゃないんだからもぉいいや。と開き直る事も大事かな。って思います。